日本鉄筋継手協会、溶接部UT法を規格化/継手全工法検査基準出揃う

09/09/05

日本鉄筋継手協会は、日本鉄筋継手協会規格「JRJS0003機械式継手の鉄筋挿入長さの超音波測定方法及び判定基準」の改訂と、「JRJS0005鉄筋コンクリート用異形棒鋼溶接部の超音波探傷試験方法及び判定基準(案)」の制定を行い、このほど発刊。継手全工法の検査基準が出揃った。【第1169号】

TOP画面へ

お勧めの書籍