日本電気協会、渦電流指針修正案が分科会で書面投票中

09/09/05

日本電気協会では「原子力機器における渦電流探傷試験の技術指針」の制定に向けて検討を重ねているが、その指針案が原子力規格委員会構造分科会(吉村忍分科会長、東京大学)で9月4日から1週間の2次書面投票に入った。同分科会は6月、最初の書面投票で否決しており、指針案を作成した下位組織の渦電流探傷試験検討会(高木敏行主査、東北大学)が修正案を上程したもの。【第1169号】

TOP画面へ

お勧めの書籍