国交省、維持管理付き発注を検討/長寿命化を視野に

09/08/05

国土交通省は、橋梁などの国直轄の構造物の施工と維持管理を一括で発注する「維持管理付工事発注」について、土木分野での導入を視野に本格的な検討に入った。建設生産システムのさらなる向上を図るため、総合評価方式の入札の改善や設計変更の円滑化、将来の競争参加資格審査に向けた見直しに加え、施工者が維持管理まで携わる発注形態を模索するなど、公共構造物の長寿命化も視野に入れている。【第1167号】

TOP画面へ

お勧めの書籍