新型インフル、NDT業界の影響は/「特需」「試験日延期」も

09/06/05

「新型インフルエンザ」。その微小なウイルスによって、5月は終始したように感じる。この1カ月間、体表面温度をチェックできる赤外線サーモグラフィはますます知名度を上げて「特需」となる一方、感染拡大防止対策で検査技術講習会の日程を延期したケースなどが、NDT業界内でも見られた。【第1163号】

TOP画面へ

お勧めの書籍