CIW協、コースター車軸の探傷/遊戯施設検査資格者に周知

09/05/05

大阪・吹田市の遊園地でジェットコースターによる死傷事故が発生して丸2年。CIW協技術委員会(井川敏之委員長)では、事故原因となった車軸に適用する効果的な探傷試験方法を検証し、このほど「磁粉探傷試験の適用が最も適切」との結果を公表した。またジェットコースターなどの遊戯施設の検査資格者の育成機関でもある日本建築設備・昇降機センター(宮地謙一理事長)が発行する機関誌「建築設備&昇降機」の3、5月号にも記事を連載し、車軸探傷試験の実施を喚起している。【第1161号】

TOP画面へ

お勧めの書籍