日本電気協会ECT検討会、指針案を分科会に上程へ

09/05/05

日本電気協会の電気技術指針「原子力発電所用機器における渦電流探傷試験指針」制定に向けて審議してきた同協会原子力規格委員会内の渦電流探傷試験検討会(高木敏行主査、東北大学)が4月22日、同協会で開催され、参加委員の全員一致で指針最終案を承認。5月開催予定の構造分科会への上程が決まった。炉内構造物にも適用可能な初のECTの要領を規定した規格であり、制定すれば供用期間中検査への導入が進むことになる。【第1161号】

TOP画面へ

お勧めの書籍