日本電気協会でメーカー5社がPAをデモ/傍聴申し込み17日まで

09/03/05

日本電気協会では3月25日に開催する原子力規格委員会供用期間中検査検討会の中で、規格改定に関する審議を目的に、各メーカーの協力を得て製品を持ち込んでの「フェーズドアレイ(PA)プレゼンテーション(デモンストレーション)」という珍しい企画が行われる。会議は公開制で傍聴可能。会場は横浜市鶴見区の発電設備技術検査協会の溶接・非破壊検査技術センターで。傍聴申し込みは3月17日までに日本電気協会にメールを。【第1157号】

TOP画面へ

お勧めの書籍