【特集】SUMP法と化学プラント保守検査におけるきず・損傷の観察事例

09/01/05

SUMP法は現地で組織を転写したレプリカを検鏡することで、金属組織の状況やきずの形態観察などを非破壊的に行う手法である。日本非破壊検査株式会社・三原雅之氏。【第1153号】

TOP画面へ

お勧めの書籍