ジャパンプローブ/パルサ・レシーバ「JPR−10C」販売開始

08/10/20

ジャパンプローブ(小倉幸夫社長)は、超音波パルサ・レシーバの上位機種の販売を10月から開始した。従来のパルス波、バースト波に加えて、新たにチャープ波にも対応可能なことが特徴。これに伴って、高減衰材料をはじめとして測定対象範囲が一段と広がっていくことになる。
【第1148号】

TOP画面へ

お勧めの書籍