2000年(平成12年)12月20日 第960号

00/12/20

●外観検査講習会を共同開催へ
 大阪建築士事務所協会とCIW協議会
 全国で初のケース
 社団法人大阪建築士事務所協会とCIW検査事業者協議会(CIW協議会)との共同開催による「建築鉄骨溶接部および鉄筋ガス圧接部の外観検査講習会」が来る2001年1月26日、大阪市内で開催される。建築士事務所と検査会社の団体が共同歩調をとる形で、建築士事務所会員を受講対象にした講習会を実施するのは今回が初めて。この開催を機として2月15日には新潟県長岡市での講習会開催が決定しており今後、各都道府県へ広がっていく見通し。同講習会では、 CIW協議会の技術委員が講師となり鉄骨溶接部、鉄筋ガス圧接部の外観検査の講義、実習では主要な試験体の目視測定、器具による測定などの内容が盛り込まれている。
●スムーズな運営に満足
  鉄建協・毛利会長会見
  全構協との基準統一など 成果と展望示す
 鉄骨建設業協会の毛利哲三会長(松尾橋梁)は12月12日、理事会後の記者会見で2000年を振り返り、理事会のサポートによるスムーズな協会運営、建設省およびゼネコンに対するアピール、全国鐵構工業協会(全構協)との評価基準の統一などの成果を挙げるとともに、来る2001年に臨むに当たっては業界内での元下関係の是正、日本鉄骨評価センター(JSA)の全面的サポートおよび海外を視野に入れた事業展開の必要性を指摘した。また、同席上では、 2001年の鉄建協設立20周年記念に際し?@表彰式典?A講演会?B記念誌?Cパーティー---などの催しや、来年が役員改選期に当たることから同日の理事会で、その内容について全会一致で毛利会長に一任する承認が得られたことも併せて発表された。
★このほかの注目記事
■鋼I桁橋梁点検システムを開発
  阪神高速道路管理技術センターと2社
 ハイウェイメンテショーで実用試作機初公開
■【クローズアップ】
  12月1日付で110工場
  東京都の鉄骨加工工場
  ピーク時に比べ40%減
■RT、UTほか新機種続々と登場
 セミコン・ジャパン2000
 出展1500社、来場者12万人超す

TOP画面へ

お勧めの書籍