2000年(平成12年)9月20日 第954号

00/09/20

●光ファイバーによる変位計測システム、販売開始  石川島検査計測
 土木構造物などの長期モニタリングに最適
 石川島検査計測(IIC、玉井輝雄社長)は、光ファイバーによる変位計測システム「SOFO」の販売を開始した。「SOFO」は、構造物の2点間(0.2 -50?b)の変位を2マイクロ?bの分解能で計測できるシステムでコンクリートなど土木構造物の長期モニタリング最適。スイス連邦工科大学の土木工学科が中心となって開発された。センサーは校正が不要な上、温度・湿度の影響を受けない、コンクリート中に埋め込み表面取り付け可能などの特徴があり、土木構造物(橋梁、トンネル、ダム、杭、アンカレッジ等)を中心にさまざまな構造物に適用できる。(問い合わせ先:同社営業本部??03-3778-7943)
●NDTセミナーを開催
  日本アグフ・ゲバルト
 クラウトクレーマー関係者一堂に会す
 日本アグフア・ゲバルト(イングバート・シュミッツ社長、東京都目黒区東山3-8-1)は9月11日、12日の両日にわたり本社会議室で同社NDT部、ドイツクラウトクレーマー、国内主要販売代理店7社の関係者らが集い、国内で初めての試みとなるセミナーを開催した。同社NDT部は今年8月1日から溶接部をメーンとした超音波探傷器メーカー、クラウトクレーマー社製品の総供給元として営業を開始しており、今回のセミナーは同社製品の国内販売を取り扱う関係者が一堂に会するもので、今後、更なる国内販売体制の強化に向けた第一歩と位置付けられる。
【このほかの注目記事】
■総会と研究発表会を開催
 東北非破壊検査研究会
■続発する破壊事故に注視
  HPI技術セミナー 『他山の石』として学ぶ
■11カ国から107人参集
 JSNDI 第15回AE国際シンポジウム開催
■ニュービジネス構築へ
  日本構造物診断技術協会が第13期定時総会
 診断士資格認定に注力

TOP画面へ

お勧めの書籍