検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2019/04/20

第1400号

●《トップニュース》
日構専で入学式、14人が希望胸に

日本溶接技術センター付属日本溶接構造専門学校(川崎市川崎区)は4月4日、同校大講堂で2019年度入学式を行い、溶接検査技術科5人、設備・構造安全工学科2人、鉄骨生産工学科7人の計14人が入学した。新入生を代表して相良雄大さんは「専門的な技術の習得に努め、初心を忘れず前に進む」と抱負を述べた。
ジャパンプローブ、「地域未来牽引企業」に選定
消防庁、屋外貯蔵タンク検査の報告書公表
岡山コースター事故の原因は「溶接不良」

詳細はこちら

2019/04/05

第1399号

●《トップニュース》
RSEC、4月中旬から汎用超音波探傷器を出荷

超音波探傷器の国内トップメーカー、菱電湘南エレクトロニクス(RSEC、富岡義幸社長)は、一般汎用型の「デジタル超音波探傷器UI―S9/同R1」の出荷を4月中旬から開始する。同シリーズは1994年のUI―21の販売開始以来、四半世紀にわたりエンドユーザーから汎用機種として高く評価されている。
日溶協CIW19年度前期、総事業者数1社増の117社
JSNDI関西支部、「UTまかせとき大会」開く
金曜会、働き方改革めぐりグループ討議

詳細はこちら

2019/03/20

第1398号

●《トップニュース》
あんしん協第2回勉強会、構造物腐食テーマに講演

日本社会基盤安全技術振興協会(あんしん協)は3月12日、横浜市鶴見区内のココファン横浜鶴見・会議室で第2回勉強会を開催。第2弾となった勉強会は「ニーズの掘り起こし――構造物の腐食」をテーマとして特別・一般講演各2件ずつの発表を行った。
マークテック、経営方針発表会で「世界ブランドつくる」
大安協主催、大臣認定研修会でNDT講義
日本溶接構造専門学校で卒業式

詳細はこちら

2019/03/05

第1397号

●《トップニュース》
JSNDI・JSCE、インフラテーマに初の合同シンポ

日本非破壊検査協会(JSNDI)と土木学会(JSCE)の合同シンポジウム「非破壊試験が拓くインフラメンテナンスの未来」が2月28日、都内のJSNDI本部会議室で開催された。初開催となったシンポジウムには約100人が参加。社会インフラの維持管理・更新は喫緊に解決すべき社会問題となっており、関心の高さが浮き彫りになった。
都登録・試験3団体、意見交換会を初開催
国交省、鉄道台車枠検査を見直し
JSNDI、18年度第1回ISO委開く

詳細はこちら

お勧めの書籍