検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2018/10/05

第1387号

●《トップニュース》
マークテック、本田工業を子会社化

マークテックはこのほど、本田工業(大阪市)の全株式を取得、連結子会社化した。これを契機として同社は、非破壊検査、印字・マーキングの両事業に次ぐ第3の事業構築のための事業を展開していく。子会社化した本田工業は、様々な試験装置の設計・製作に関する独自技術に強みを持つ製造会社。
次世代セミナー、愛知総合工高で開催
JIMA2018、検査機器の最先端が集結
JSNDI、資格1次試験全国10会場で開催

詳細はこちら

2018/09/20

第1386号

●《トップニュース》
ポニー工業・吉荒俊克社長に聞く=海外事業を拡充

『人間性を礎に社会の安全と環境を守る 生きた技術サービスの提供』を掲げる技術商社・ポニー工業が、海外事業の拡大に取り組みつつある。来期には海外拠点を設ける考え。そこで今回、吉荒俊克社長に、同社海外戦略などについて聞いた。
JANDT、2018年度第2回開発委員会を開催
阪神高速・東芝、橋梁シミュレーションで車両荷重解析
〈この人一言〉松原未央子さん(エフアンドエーテクノロジー)

詳細はこちら

2018/09/05

第1385号

●《トップニュース》
第14回技術討論会に約160人参加=JANDT

日本非破壊検査工業会(JANDT)は8月31日、「第14回技術討論会」(協賛・日本非破壊検査協会)を、都内の品川区立総合区民会館(きゅりあん)で開催。「AI・IoTの非破壊検査への展開」をテーマにした同討論会には、検査会社を中心として約160人が参加した。
国交省、建設技術開発助成に点検ロボなど採択
〈新社長インタビュー〉ポニー工業・吉荒俊克社長
JANDT、インフラ調査士補講習会を初開催

詳細はこちら

2018/08/20

第1384号

●《トップニュース》
国交省、老朽インフラ施策の工程表を公表

国土交通省は8月3日、今年6月に開催した社会資本メンテナンス戦略小委員会における議論を踏まえ、インフラの老朽化に対し緊急的に取り組む施策(工程表)をとりまとめ、公表した。今後、対象となる各分野の施設について、初回点検(定期点検の初回)を来年3月までに完了させる。また、点検基準・要領などを同期限までに見直す。
〈特別寄稿〉先進的な超音波探傷技術の現状
〈施設探訪〉東京都立産業技術研究センター
JSNDI・RC部門、第6回シンポ開催

詳細はこちら

お勧めの書籍