検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2022/05/20

第1468号

●《トップニュース》
CIW検査業協会、通常総会を開催
CIW検査業協会は5月12日、東京・千代田区の大手町レベル21東京会館で2022年度第7期第13回通常総会を開催した。再任が決まった安藤純二会長(ジャスト)は社会基盤を支える検査会社にとって「不正検査をしないことが第一」と強調したうえで「社会の安全・安心のために虚偽の報告をしないことが一番大事。今年度は倫理と技術に関して積極的に活動していく」と所信を述べた。
関電高浜3号機、原子力規制委に報告書提出
JSNDI東北支部、支部会・講演会開く
エビデント、超音波厚さ計を発売

詳細はこちら

2022/05/05

第1467号

●《トップニュース》
次世代NDTセミナー、受講者総数は625人
CIW検査業協会、日本非破壊検査協会、日本溶接技術センターの3団体が共催する「明日を担う次世代のための非破壊検査セミナー」。日本非破壊検査工業会が協賛、文部科学省、国土交通省、経済産業省、開催都道府県の教育委員会、ならびに、全国工業高等学校長協会などに対して後援名義使用許可申請書を提出し、承諾を得て、2012年2月から開催を重ねている。これまでに開催回数は20回を数え、参加高校数は128校、受講者総数は625人(生徒299人、教職員326人)に上る。
藍綬褒章に松島勤氏
NDT工業会、基礎講習会に17人が受講
三菱重工、プラント巡回点検ロボの第二世代機開発完了

詳細はこちら

2022/04/20

第1466号

●《トップニュース》
菱電湘南エレクトロニクス、軸力制御締結システムを開発
菱電湘南エレクトロニクス(神奈川県鎌倉市)は本田技研工業(ホンダ)と共同で、締結力のばらつきを抑えたボルト締結を可能とする「軸力制御締結システム」を開発した。量産品でのボルト締結はトルク法や角度法での締結に頼らざるを得ないが、新技術ではダイレクトに軸力を測定しながら、必要とするボルト軸力で締結できる。4月以降、菱電湘南の鎌倉工場にデモ機を常設する。
シンワ検査、「赤外線調査車」を開発
KJTD、新拠点・国東事業所が稼働
日構専入学式、12人が第一歩

詳細はこちら

2022/04/05

第1465号

●《トップニュース》
2022国際ウエルディングショー、7月東京で開催へ
溶接界のビッグイベント「2022国際ウエルディングショー」(主催=日本溶接協会、産報出版)が7月13―16日の4日間、東京・江東区の東京ビッグサイト東4―7ホールで開催される。その出展社説明会が3月28日に東京、翌29日には大阪で開催。出展社数は前回を大幅に上回る280社となり、展示面積は前回比35%増となった。
日溶協CIW認定、総事業者数は3社増の115社
オリンパス、科学事業を分社化
ALSOK、ドローンインフラ点検に本格参入

詳細はこちら

お勧めの書籍