新春トップインタビュー 大陽日酸 永田研二 代表取締役社長

22/01/07

 大陽日酸は今年どのような計画を立て、実績をどこまで積み上げていくのか、永田社長の新年の抱負を聞いてみた。
 今年の大きな課題は「ガスの価格問題と安定供給ではないでしょうか」とみている。「物流費や鋼材価格が高止まりしている中、昨今の、エネルギー価格の上昇は企業努力の限度を超えております。この状況に対し、私たちはガス価格を改定することを決定しました。併せて、物流条件や納入条件などいわゆる個別に対応しているサービスについても、お客様のご理解のもとその対価を価格に反映していきます。また、海外からの輸入に依存するヘリウムは、世界的な物流の混乱の影響から輸送コストが大幅に上昇しています。昨年来、米国の港湾労働者不足の問題にはじまり、サプライチェーンが大きく乱れ、輸送時間が従来の2倍かかる状況です。一方、昨年秋より新たなヘリウムの調達先として期待しているロシアからの輸入は現時点ではまだ実現できていませんが、何とか需給ひっ迫の状況を回復していきたいと思っています」とヘリウムについては、まずは安定供給を優先するようだ。

TOP画面へ

お勧めの書籍