経産省が「半導体・デジタル産業戦略」を公表

21/07/20

 パンデミック下における、半導体産業の成長は半導体製造向けに超高純度の特殊ガスや材料ガスを供給する産業ガスメーカーや、国内半導体製造工場でのガス配管設備事業などを行う高圧ガス販売事業者の業績にも大きな影響を与える結果となった。
 世界4極での事業を行う日本酸素ホールディングスの2021年3月期決算では、日本、米国、欧州、アジア・オセアニアのすべての地域で特殊ガスの売上高は増加しており、特に中国・台湾での電子材料ガスの出荷が好調となった。また国内の半導体製造工場の設備工事やプラント管理、メンテナンスなどを手掛ける鈴木商館の前期決算は、半導体業界好調の影響を受けてガス部門の売上高が14・6%増と伸長、全体での利益増加に貢献した。

TOP画面へ

お勧めの書籍