AWI 国内初の小規模LNG供給設備「マイクロサテライト」販売開始

21/01/12

 エア・ウォーターは国内で初となる小規模LNG供給装置「マイクロサテライト」を開発、このほど販売を開始した。
 世界的な脱炭素社会への移行がトレンドになっている中で、工場等において、燃料を重油や灯油からLNGあるいはLPGへ転換する動きが強まっている。そうした動きの中でAWIはLNGの使用量が年間800から1500トン程度使用する工場向けに2019年、従来の5分の一まで省スペース化したLNG供給設備「Vサテライト」を開発、販売した。しかし、ボイラ設備を持つ中小規模の食品工場や熱処理工場などでは、設置スペースや導入コストの観点からLNGへの転換は進んでいない。
 そこで同社は、LNGの使用量が、1年間で300から800トン規模の工場でもLNGへの転換ができるように小型の供給設備マイクロサテライトを開発した。マイクロサテライトは、Vサテライトと同じように、有資格者の保安係員を選任する必要がなく、貯槽タンクや気化器をユニット化することでコンパクトにしている。1号機をAWIグループの北海道石狩市の事業所に設置し、昨年12月よりデモ運転を行っている。

TOP画面へ

お勧めの書籍