電子版ガスメディア

2021年の記事一覧

2021/01/19

「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を策定

 経済産業省は昨年12月25日、関係省庁と連携し「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を策定した。この戦略は菅政権が掲げる2050年カーボンニュートラルへの挑戦を「経済と環境の好循環」につなげるための産業政策である。  今回のグリーン成長戦略では、14の重要分野ごとに高い目標を掲げた上で、現状の課題と今後の取組を明記し、予算、税、規制改革・標準化、国際連携など、あらゆる政策を盛り...

詳細はこちら

2021/01/19

岩谷瓦斯 上羽尚登社長に聞く(下)こだわりたいのは、やっぱり水素

 2020年4月から岩谷瓦斯社長に就任した上羽尚登氏に聞くシリーズの後編。社長着任時、コロナ禍のさなかで打つ手も限られていたが、まずは原点回帰を呼び掛けたという。...

詳細はこちら

2021/01/19

水素の生産と消費者の考察 従来のエネ構図は大きく変化するのか

 2050年のカーボンニュートラルを目指す上で大きなポイントになるのが究極のクリーンエネルギーと言われる水素であるが、水素の生産・消費に関しては従来の大量生産、大量流通、大量消費というパターンが通用するのか、あるいはまったく新しい構図が必要なのか、まだ、判然としない面がある。  これまでのエネルギーを見てくると、石炭・石油・LNG等メインのエネルギー源は大量に生産され、大量輸送により供給され、大量...

詳細はこちら

2021/01/19

日本海水の赤穂第2バイオマス発電所、1月2日営業運転開始

 エア・ウォーターグループの(株)日本海水赤穂第2バイオマス発電所が1月2日より営業運転を開始した。日本海水は、製塩業界におけるリーディングカンパニーで、家庭用から業務用まで年間40万トンを生産しており、製塩工程で大量の電力を使用するため、従来から発電設備を保有しており、2015年度に固定価格買い取り制度(FIT)の活用及びCO2削減や雇用創出等社会貢献を勘案して赤穂工場(兵庫県赤穂市)内に木質バ...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍