世界初の民間プラント三相同軸超電導ケーブル敷設

20/11/17

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と昭和電線ケーブルシステム(CS)、BASFジャパン(BASF)は、BASFジャパン戸塚工場(横浜市戸塚区)に全長約200mの三相同軸超電導ケーブルを敷設し、11月8日から工場の省エネルギー化を目指す実証試験を開始した。実証試験は2021年9月末まで行われ、液体窒素でのケーブル冷却の検証のほか運用コストの算出や安全性の確認を実施する。

TOP画面へ

お勧めの書籍