JR東日本が竹芝水素シャトルバスを運行開始

20/11/03

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は10月24日に、竹芝地区の回遊性向上に向けて、竹芝地区内と東京駅を無料で循環する燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」の運行を開始した。同日には報道公開イベント「JR竹芝水素シャトルバス出発セレモニー」を開催し、東京駅丸の内南口にて、関係者の挨拶とシャトルバスへの試乗、記念のテープカットを行った。シャトルバスはトヨタ自動車の量販型燃料電池バス「SORA(ソラ)」を使用している。

TOP画面へ

お勧めの書籍