歯髄幹細胞を用いた再生治療、世界初の実用化

20/07/07

 エア・ウォーターでは、2011年に歯科関連事業に本格参入し、2018年にアエラスバイオ社を設立して歯髄幹細胞を用いた歯髄再生治療の事業化に着手した。事業化に当たっては歯髄再生研究の第一人者である中島美砂子氏(元国立長寿医療研究センター研究所幹細胞再生医療研究部長)を招いた。2019年5月から、「エア・ウォーター国際くらしの医療館・神戸」内において、歯髄幹細胞の培養・加工・保存を受託するための設備を設置するとともに、歯髄再生技術の確立を目指し研究・開発に取り組み、安全性や有効性の検証が進められてきた。

TOP画面へ

お勧めの書籍