岡谷酸素、食添ガスのアルゴン生産開始

20/06/30

 アルゴンガスは空気より重いため、空気を追い出す力が強く、効率よく残留酸素を低減させワインのシール性が向上する。今まではワイン貯蔵タンクのヘッドスペースのガス置換に、窒素ガスや窒素と炭酸ガスの混合ガスによるシールが行われてきたが、シール性の高いアルゴンガスの使用が、ワインの酸化防止に大きな効果が期待されている。

TOP画面へ

お勧めの書籍