大陽日酸、欧州事業フルに寄与し大幅増収増益

20/05/19

 次期の業績予想は売上収益8300億円(2・4%減)、コア営業利益820億円(9・2%減)、営業利益820億円(12・7%減)、純利益460億円(16・4%減)、親会社の所有者に帰属する利益440億円(17・5%減)を見込み、配当は年間28円を維持する方針。
 同社では、産業ガス及びハードグッズの売り上げ収益は、21年第1四半期連結会計期間が前年同期比15%程度の減少、第2四半期は、10%程度の減少、第3四半期以降は前期比並になると想定し、コア営業利益への影響額は地域ごとの利益率を勘案して算出している。

TOP画面へ

お勧めの書籍