JIMGA「災害対策部会」が常置部会で発足

20/05/19

 JIMGAではこれまで発行してきた「充てん工場の地震対策指針」を再検討して、「高圧ガス充填工場及び貯蔵所の自然災害対策指針」に再編した。主な変更点は▽危害予防規定を改正▽2018年度の高圧ガス容器流出を含めた事故防止対策の再検討▽会員各社のBCP対策と安定供給である。
 新しい指針では、過去に発生した大規模地震・津波・台風等の自然災害から得られた教訓をもとに、高圧ガス充填工場および貯蔵所における防災体制や各種リスクを低減させる対策例をまとめている。これにより従業員の安全を確保するとともに、高圧ガスによる災害を防止するために、高圧ガスに係る事故防止及び高圧ガス容器の流出防止等を推進し、公共の安全を確保することで事業者の責任を果たし、かつ自然災害発生後の早期安定供給を確保することを目的にしている。

TOP画面へ

お勧めの書籍