JIMGA「ヘリウム不足、2、3年間は厳しい状況続く」

19/12/03

 最近社会問題になりつつあるヘリウムの不足に対しては「ヘリウムは日本で産出することは出来ず、全量を輸入に頼っている。現状でヘリウムの輸入量は最盛期に比べ77%程度に減少している。特に米国からの輸入量が極めて多いが、その米国の土地管理局(BLM)がヘリウムの民間への販売を減らしており、2020年以降は外国に対する販売を停止するため、日本には大きな影響を与える。また、カタールからの輸入については米国からの供給が減ることに対するカバーは今のところ有効な手段になっていない、さらに新たな増産計画のヘリウム?プラントの生産開始は2022年以降と見られている。ロシアからの輸入も2022年以降であり、ここ2?3年は輸入量が厳しい状況になる。一方、消費面では、中国での消費量が増えており、さらに日本でも病院におけるMRIの普及による固定需要が強くあり、そちらを優先することなどで全体の需要に偏りも出るなど、複合要因によりヘリウム不足問題が表面化している。こうした状況は当面続くことになりそうだ。また、輸入価格も上昇しており、民間産業等でのヘリウム離れが起きることが懸念されている」と語った。

TOP画面へ

お勧めの書籍