エア・ウォーター、平塚テクノロジーセンター開設

19/11/01

 エア・ウォーターは10月25日、グループ企業である日本パイオニクス(株)(本社・神奈川県平塚市)の敷地内において既存建物の一部を改修し、同社が開発したガスアプリケーション機器のデモやサンプルテストに対応するテクノロジーセンターをオープンした。
 エア・ウォーターでは様々な産業の製造プロセスにおいて採用されているドライアイス微粒子を活用した精密洗浄装置「クイックスノー」や大気圧下で安定してプラズマを発生させる「大気圧プラズマ装置」を開発したが、それらの機能を実際に体験できる場として、2017年8月に堺研究所(大阪府堺市)内にテクノロジーセンターを開設した。そこでは、これまでに320件を超えるユーザーの訪問を受けサンプルワークを実施しながらニーズに寄り添ったソリューション提案を行ってきた。

TOP画面へ

お勧めの書籍