エア・ウォーター、神鋼と合弁のプラントエンジを完全子会社化

19/10/08

 エア・ウォーターは神戸製鋼所との合弁会社である神鋼エア・ウォーター・クライオプラント?(SAC)の神戸製鋼持分の株式40%を全て買取り、10月1日付けで完全子会社とした。同時に社名を「エア・ウォーター・クライオプラント?(AWCP)」に変更した。
 エア・ウォーターと神戸製鋼は2004年に深冷空気分離装置の開発と製作に関わる技術の融合を目的に、SACを設立し、以来、深冷空気分離装置とその関連技術を中心とした事業領域で長年にわたり協力関係を築いてきた。

TOP画面へ

お勧めの書籍