電子版ガスメディア

人類が活動する全ての場所で使用されるガス全体を網羅した電子版メディア。産業用、医療用に利用される酸素・窒素・アルゴンをはじめ、次世代エネルギーとしても期待される水素、家庭用LPガスなどの一般情報まで、ガスに関するあらゆる情報を幅広く掲載し、国内外の最新動向をきめ細かく発信。毎週火曜日発行。

購読のお申し込み

一覧ページ

2020/10/20

高圧ガス保安協会会長表彰、10月23日に表彰式

 令和2年度高圧ガス保安全国大会が10月23日午後1時から、東京・港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で開催される。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年より規模を縮小して行われる。午後1時から高圧ガス保安に関する経済産業大臣表彰、高圧ガス保安協会会長表彰が行われる。...

詳細はこちら

2020/10/20

水素閣僚会議特別イベント、オンラインで開催

 10月14日、東京で「水素閣僚会議特別イベント」が開催された。今回は新型コロナ感染の影響でオンライン開催となった。13人の閣僚を含む23の国・地域・国際機関の代表者や各企業の代表者からメッセージが発せられ、水素社会構築に向けた世界の気運の維持拡大に向けて、水素製造や利活用の取り組みが共有された。そして、脱炭素化における水素の役割や技術開発、制度のハーモナイゼーションの必要性や一層の国際協力の強化...

詳細はこちら

2020/10/20

ニッポンガシズ、欧州で年間16万トン換算のCO2排出抑制に貢献

 日本酸素ホールディングスの欧州事業会社、ニッポンガシズのスペイン・ポルトガルのグループ会社は、2020年10月から欧州の環境改善計画に基づき、医療用ガス、工業用ガス、食品用ガスの製造工程で必要となる電力を、産業ガス業界で初めて「グリーン電力証書」※を利用した100%再生可能エネルギー由来の電力に切り替えた。これにより、年間16万トンにあたるCO2の排出抑制に貢献する。(欧州事業会社ニッポンガシズ...

詳細はこちら

2020/10/20

神奈川県川崎市で「高圧ガス消費事業者保安講習会」

 神奈川県高圧ガス流通保安協会は10月12日午後1時半から、川崎市川崎区のかわさき保育会館で「高圧ガス消費事業者保安講習会」を開催した。保安講習会は、高圧ガスの消費事業者や運送員など高圧ガスに携わるすべての関係者を対象とし、県内6会場で毎年開催されている。今年はコロナ禍の中、手指消毒、マスク着用、検温を行い、参加者同士のソーシャルディスタンス確保のため、会場によって例年の6割程度の受講者とするなど...

詳細はこちら

お勧めの書籍