水素燃料電池ドローン実用化へ容器の安全確保

20/03/31

 水素ドローンは1.過疎地への物流2.農薬の散布3.山岳地での対応、などに実用化が期待されている。現状のドローンは1の場合、物資等の荷物を積載する場合重量が10から20キログラム、これを距離にして10から20キロメートル、高度30から120メートルを飛行するという要望がある。2の場合は10キログラム程度の農薬を搭載し、1日に3から4時間のフライト、農地上空を高度10から15メートルで飛行、バッテリーは数十本を携行する。3の場合はカメラを搭載し、15分から20分程度のフライト撮影を行う。登山者はある程度の標高まで運搬し、山岳地帯の上空高度100メートル程度を飛行する。

TOP画面へ

お勧めの書籍