地元企業が東京・多摩市に水素ステーションを開所

20/03/31

 多摩興運で水素ステーション特別顧問を務める小磯明氏は「中小企業が水素ステーションを開設するのは東京都で初めてのケースだ。今まで東京都内の水素ステーション事業は、23区のものという印象が強い。例えば現在、23区西側にある杉並区を出ると、最短でも八王子市までの30キロ以上にわたり水素ステーションはない。開設した水素ステーションは杉並区と八王子市の中間にあり、交通量の多い南多摩尾根幹線道路上にある。必ず水素社会に大きく貢献できるはずだ」と熱意を語った。

TOP画面へ

お勧めの書籍