福島県浪江町に再エネ由来世界最大級の大型水素製造拠点が完成

20/02/25

 経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構の技術実証事業となる、再エネ由来による世界最大級の水素製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、福島県浪江町で3月から稼働を開始する。事業には、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、岩谷産業の3社が参加しており、今後、再エネ導入の拡大にともなって発生する余剰電力を水素に変換し、貯蔵・利用する技術「Power‐to‐Gas(パワーツーガス)」の実証を進める。
 FH2Rでは隣接する太陽電池からの電力と系統電力を利用し、10MW(メガワット)の水素製造装置で年間最大900トンの水素を製造。電力系統の制御と水素の需要予測を行う水素エネルギー運用システムにより、水素の製造・貯蔵と電力系統の需給バランス調整(ディマンドリスポンス)の最適な組み合わせを実証する。

TOP画面へ

お勧めの書籍