全国高圧ガス溶材組合連合会評議委員会「景況は芳しくない」多数

20/02/25

 景況悪化を懸念する声は多くあった。「新型肺炎で観光消費減」(北海道・京都)、「暖冬で雪はゼロ。除雪の仕事がなかった等」(青森・岩手・秋田・山形)、「裾野の広い有力企業の倒産で、地元に不安感」(宮城)、「スバルの生産一時停止もあって景況は下降気味」(群馬)、「千曲川の水没後の復旧は人手と予算の不足で厳しい」(長野)、「建機、工作機械、半導体が厳しい」(北陸)、「廃業が深刻。中国地区は廃業率が高く、トップ10に4県が入っている」(岡山)、「暖冬で医薬品の伸びがにぶい」(四国)などだ。

TOP画面へ

お勧めの書籍