徳島県でFCパトカー導入、車体に小学生がデザインラッピング

20/02/25

 徳島県では、これまでに「水素グリッド導入連絡協議会」を設置して水素社会実現に向けて様々な活動を行ってきた。県内のFCV普及を加速するため、県庁敷地内に太陽光発電の電力で水素を製造する自然エネルギー由来水素ステーションを中四国で初めて設置し、同水素ステーションを核とする「水素社会啓発・体験ゾーン」を整備した。そして公用車としてFCVを率先導入し6台を保有している。また、FCバスの本格的導入に向けて、実証運行も行ってきた。産業車両に関しては、「徳島阿波おどり空港」に「自然エネルギー由来水素ステーション」と「燃料電池フォークリフト」のセット導入を行い運用されている。

TOP画面へ

お勧めの書籍