大陽日酸「TCT Japan」で金属3Dプリンターのセッション

20/01/28

 大陽日酸は1月29日から31日、東京ビッグサイトで開催される3Dプリンティング/AM(アディティブ・マニファクチャリング)技術の総合展示会「TCT Japan 2020」に出展し、同社が扱う金属3Dプリンターの「Velo 3D」、「オプトメック」の紹介や、3Dプリンティングの受託製造を行う「シンタビア」社の造形サンプルの展示を行うほか、自社開発となる3Dプリンティング向けソリューション、「3DPro」製品を発表する。
 また、初日の29日午後4時からは、ビッグサイト南4ホール会場内で、昨年12月に国内での独占販売権を獲得した「Velo 3D」社から技術者を招き、画期的なサポートレスの3Dプリンティング技術「Sapphire」を解説するオープンセッション「TCT Japan Conference」を行う。参加は無料、聴講登録不要。

TOP画面へ

お勧めの書籍