神奈川県警、高圧ガス移動車両の取締りを実施

19/09/03

 横浜市港北区にある日産スタジアム前の交差点で行われた検問では神奈川県警と横浜市消防局の職員が法令に基づいた適正な運搬方法の実施や必要書類の携行などについて対象車両のドライバーに徹底を呼びかけた。
 この日は、医療用ガス積載車やタンクローリーなどの車両計8台に検問を行い、うち1件について積載されていたトルエン缶の蓋が正確に密閉されていないなどの理由で消防法に基づいた指導を行った。
 移動基準不適合の事業者は、全国的にみても高圧ガスメーカーや販売店よりも実際に作業現場などで高圧ガスを使用している事業者が大半を占めている。事故防止に向けては、現場ユーザーに対する遵法意識の徹底を図っていく必要がある。

TOP画面へ

お勧めの書籍