大陽日酸、20年3月期第1四半期連結決算

19/08/06

 大陽日酸の2020年3月期第1四半期決算(連結)は、売上高が2103億2900万円(前年同期比32・6%増)、営業利益が210億8900万円(同42・7%増)、四半期利益127億6500万円(同25・6%増)となった。セグメント別では、国内ガス事業で主力製品のセパレートガスの売上が主要関連業界である鉄鋼や輸送用機器向けを中心に前期を下回った。一方でメディカル関連で18年10月に買収した医療機器販売会社アイ・エム・アイの収益貢献が表れた。またエレクトロニクス関連で電子材料ガスの売上は前期並みで推移した。

TOP画面へ

お勧めの書籍