大陽日酸メジャークラブ メディカル会 関東ブロックで医療ガス研修会開催

19/07/23

研修会で挨拶した大陽日酸の松阪一紀バイオ・メディカル事業部長は「我々の医療ビジネスは、医療ガスや在宅酸素の患者数などが停滞していることに加え、病院経営の窮状や診療報酬、介護報酬の引き下げ、また病院の変化にともなう集中購買、あるいはコンサル業者の台頭などにより、大変、窮屈な状況にある」との現状認識を示した。また、「昨年もこの研修会で西日本豪雨被災地へのお見舞いを申し上げたが、その後も台風や地震といった自然災害が相次いだ。今年もまた南九州で集中豪雨が発生するなど、多くのメディカル会会員の方も対応に苦労されたことと思う」と指摘し、「その一方で、そうした厳しい状況の中において必要とされる対応力、あるいはサービスの質というものが評価される時代になったのではないか」と述べた。

TOP画面へ

お勧めの書籍