在宅酸素療法中の火災事故で今年3名死亡 厚労省が注意喚起

19/07/16

厚生労働省は、日本産業・医療ガス協会医療ガス部門がまとめた在宅酸素療法中の火災事故による重篤な健康被害事例を公表し、酸素濃縮装置などを使用中の患者が喫煙等を原因と考えられる火災により死亡する事故が繰り返し発生しているとして注意喚起を行った。

TOP画面へ

お勧めの書籍