電子版ガスメディアバックナンバー

人類が活動する全ての場所で使用されるガス全体を網羅した電子版メディア。産業用、医療用に利用される酸素・窒素・アルゴンをはじめ、次世代エネルギーとしても期待される水素、家庭用LPガスなどの一般情報まで、ガスに関するあらゆる情報を幅広く掲載し、国内外の最新動向をきめ細かく発信。毎週火曜日発行。

購読のお申し込み

一覧ページ

2019/10/08

10年間で水素ステーション1万ヵ所の目標を共有

 第2回水素閣僚会議が9月25、26日、経済産業省主催により東京で開催され、35の国・地域・機関等から約600人が出席し議論を深めた。脱炭素化を進めるキーテクノロジーに水素は切り札として期待されているが、2日間の討議の結果、各国の水素・燃料電池に関する行動指針として「グローバル・アクション・アジェンダ」が議長声明として発表された。そのポイントは、?世界目標の共有(今後10年間で水素ステーション1万...

詳細はこちら

2019/10/08

海外研修生がLNGによる燃料電池活用事例を見学

 9月27日アジアでのLNG利用促進に向けた人材育成事業コースで海外研修生5カ国6人に対する現地視察が行われた。午前中は東京湾岸での「JERA富津火力発電所におけるLNG受け入れ基地及び発電所」の見学会、そして午後には埼玉県熊谷市のポーライト(株)で、LNG販売先での燃料電池に対する活用事例を勉強した。  ポーライト(株)では粉末冶金製品を製造しているが、LNG利用でエネルギーコスト低減やCO2削...

詳細はこちら

2019/10/08

藤田酸素工業、藤田剛久常務「ラグビー経験 仕事に活きている」

 ラグビーをやっていたとか。 「小学4年生から始め、大学生時代の就職直前までずっとやっていました。学生時代はラグビーばっかりだったので、就職の事もあまり考えておらず、恥ずかしい話ですが、会社(藤田酸素工業)がどんな仕事をしているのかも実は詳しく知りませんでした。ラグビーをしていた経験は大きいですね。特に高校時代は強豪校(大阪工大高)だったので、早朝から夜遅くまで楕円球を追う日々を送っていましたが、...

詳細はこちら

2019/10/08

エア・ウォーター、神鋼と合弁のプラントエンジを完全子会社化

 エア・ウォーターは神戸製鋼所との合弁会社である神鋼エア・ウォーター・クライオプラント?(SAC)の神戸製鋼持分の株式40%を全て買取り、10月1日付けで完全子会社とした。同時に社名を「エア・ウォーター・クライオプラント?(AWCP)」に変更した。  エア・ウォーターと神戸製鋼は2004年に深冷空気分離装置の開発と製作に関わる技術の融合を目的に、SACを設立し、以来、深冷空気分離装置とその関連技術...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍