電子版ガスメディアバックナンバー

人類が活動する全ての場所で使用されるガス全体を網羅した電子版メディア。産業用、医療用に利用される酸素・窒素・アルゴンをはじめ、次世代エネルギーとしても期待される水素、家庭用LPガスなどの一般情報まで、ガスに関するあらゆる情報を幅広く掲載し、国内外の最新動向をきめ細かく発信。毎週火曜日発行。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/04/20

JIMGA安全ニュースで過去20年間の酸素ガス/液化酸素の事故分析

 日本産業・医療ガス協会(JIMGA)は、「JIMGA安全ニュース No.15」を発行し、ウェブサイト上で公開した。JIMGA技術・保安部会安全統計WGによるもので、テーマは「産業ガス事故分析:『酸素に関連する事故分析と再発防止に向けて』。2000年から2019年の20年間の酸素ガスと液化酸素に関連する事故を10項目にわたり分析した。死傷者が比較的多く発生している酸素に関連する事故を分析することで...

詳細はこちら

2021/04/20

大陽日酸と日酸TANAKA、新型の溶接可視化カメラの受注開始

 大陽日酸とグループ会社の日酸TANAKAは、溶接の遠隔操作や溶接モニタリング・監視を行うために使用する高性能な溶接可視化カメラ「サンアークアイ」のデザインを一新し、溶接用の自動遮光フィルターを装着できる機能を追加した新型のカメラを開発、受注を開始した。  2社は共同で「サンアークアイ」を開発し、2019年4月に販売を開始しているが、従来型の「サンアークアイ」では、溶接開始前の準備作業(溶接線やワ...

詳細はこちら

2021/04/20

昭和電工ガスプロダクツ、ISOコンテナを導入

 昭和電工ガスプロダクツは今夏、炭酸ガスの需給環境が厳しいなか、特に逼迫ぎみな関西方面への配送に対応するため、大型容器のISOコンテナ(容量18?)を複数基導入し、配送効率の向上と輸送コストの削減に努めていく方針だ。   真弓康美炭酸事業部長は「例年、関西以西は厳しい需給環境にあるものの、配送を委託する運送会社は働き方改革の浸透による残業時間規制などもあり、突発的な事象に対して追加輸送体制を敷くこ...

詳細はこちら

2021/04/20

岩谷産業、和歌山支店を開設

 岩谷産業は4月9日、営業拠点となる和歌山支店を開設した。小笠原宏範支店長を含めた営業担当2人と総合エネルギー事業(民生用LPガス)の営業担当2名の計4名が常駐する。これまでは大阪市中央区の近畿総合支社から営業訪問を行っていたが、顧客により近い場所に拠点を構えることで密着営業をすすめる。...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍