電子版ガスメディアバックナンバー

人類が活動する全ての場所で使用されるガス全体を網羅した電子版メディア。産業用、医療用に利用される酸素・窒素・アルゴンをはじめ、次世代エネルギーとしても期待される水素、家庭用LPガスなどの一般情報まで、ガスに関するあらゆる情報を幅広く掲載し、国内外の最新動向をきめ細かく発信。毎週火曜日発行。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/10/12

東京都と早稲田大学の共同事業で水素燃料電池ごみ収集車稼働

 東京都と早稲田大学(紙屋雄史理工学術院教授、共同提案者・井原雄人客員主任研究員)は港区で、水素社会の実現を目指した取り組みを共同で開始した。  具体的には、都市の特性に適した水素燃料電池ごみ収集車を開発・試験運用するというものだ。今年8月16日から2022年2月末まで港区内のごみ収集ルートで、従来のゴミ収集車ではなく、早稲田大学が設計した水素燃料電池ごみ収集車の試験運用を行っている。この取り組み...

詳細はこちら

2021/10/12

岩谷産業がタイにヘリウムセンター建設

 岩谷産業の100%子会社、泰国岩谷会社は、タイ・サムットサコーン県に「バンコクガスセンター」を新たに建設し、今年11月に稼働する。ガスヘリウムと液化ヘリウムを主体とした工業ガスの充填拠点で、東南アジア域内でのヘリウム拠点はマレーシアに次いで2拠点目となる。...

詳細はこちら

2021/10/12

福島県浪江町で2年目の水素柱上パイプライン輸送の実証事業

 ブラザー工業は、昨年度に続き福島県浪江町での水素エネルギー活用促進に向けた「水素柱上パイプライン輸送実証事業」を福島県浪江町より受託した。今年10月5日には、2021年度の実証実験場の準備を完了し、本格的な実験を開始している。  ブラザー工業は、2018年に水素を燃料とする燃料電池市場へ参入し、製品の開発に取り組んでいる。2020年には、燃料電池を開発する企業としての知見を生かし、巴商会と横浜国...

詳細はこちら

2021/10/12

日本医療ガス学会学術大会・総会開催、テーマは「医療ガス最前線」

 日本医療ガス学会は10月30日、静岡県経済産業会館で「第24回医療ガス学会学術大会・総会」を開催する。会場参加に加えてリモートによるハブリッドでの開催となる。大会長は浜松医科大学医学部麻酔・蘇生学講座の中島芳樹教授、大会テーマは「医療ガス最前線」。...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍