天地人 (ライブラリ)

誰が大相撲を殺すのか

 野球賭博問題で揺れたこのたびの大相撲。改革に向けた多くの意見が新聞やテレビで報道されているが、総じて大相撲いじめという印象が強い。暴論だ、極論だといわれるかもしれないし、誤解を恐れずひんしゅくを覚悟でいえば大相撲を殺しているのはNHKと朝日新聞ではないか▼NHKは名古屋場所の中継をしなかった。とても残念だった。NHKとしては大相撲にお灸を据えたつもりだったのだろうが、それは傲慢というものだ。大相撲ファンの楽しみを奪っている▼そもそもNHK自身が大相撲について営業努力をはかっているのか。例えば、ファンのためにも相撲協会にはかって大相撲中継を夜7時からにしたらよい。そうすれば帰宅後見られるからファンも増える。NHKができないならどこか民放が提案したらいい▼名古屋場所開催期間中、朝日のスポーツ面における取り扱いは異常ともいえるほどに小さいものだった。各界から集めた意見表明のほうが扱いが大きかったくらいだ。つまり、朝日の正義を強調するために相撲ファンをなおざりにしたようなものだ▼NHK、朝日共々高校野球で徹底した商業主義をとっていながらこの対応はいかがなものか。言論のリードによって世間が同じ方向に一斉に動く。そのことのほうが恐いし、この頃の日本はことにそうだ。

バックナンバーへ

お勧めの書籍