天地人 (ライブラリ)

北京と上海

 テレビで見たことだが、上海の人気お笑いタレントの舞台に北京と上海の違いを風刺したおもしろいのがあった▼北京ばあちゃんは朝の公園で太極拳をやりながら「昨日のイラクのミサイルは何型?ビンラディンのやつはどこへ行った?」と言い、これに対し、上海ばあちゃんは朝化粧しておかずを買いにでかけ、途中の公園でする会話は「昨日の株価はどうだった?ウチの嫁があのファンドがすごく良いと言っているわ」というもの▼これで観客の爆笑を誘っており、なるほど、中国の人たちも、北京=首都として極めて政治に関する関心が高い、上海=グローバルに発展する経済都市、という印象を持っているのだなと納得した次第。北京や上海にはこの20年来ほぼ毎年のように行っていて、今年もこの1ヶ月の間に両都市へ出かけているのだが、実際、北京はすまし顔だし、上海は猥雑な活気が感じられる▼この関係は東京と大阪にも比較できるが、考えてみれば、64年の東京オリンピックから70年の大阪万博へ日本はいっきに駆け上がって国際社会に地歩を築いた。中国も08年北京オリンピックから10年上海万博へと日本をなぞるように進んでいる。ただ、中国は経済的にばかりではなく政治的にも極めて大国意識が強く、独自の中華思想が今後どのように膨らむのか懸念も残る。

バックナンバーへ

お勧めの書籍