天地人 (ライブラリ)

野球好き

 今年のプロ野球日本シリーズは6試合ともに緊迫した好試合が続きおもしろかった。日本一には7年ぶりに巨人が輝いたが、日本ハムも粘り強い戦いで健闘した▼巨人は圧倒的戦力だったし、日本一を奪回するという原監督の強い意識がチーム全体に浸透していた。また、今年の巨人は助っ人のみならず、主将阿部や若手の坂本などと分厚い選手層がうまく絡み合ったし、育成選手からはい上がってきた山口や松本などの活躍も今年の大きな話題となった▼原監督がよく口にする「野球小僧や野球少年など野球が好きなものたち」でいいチームを作り上げており、今年で3連覇となったセリーグはもちろん日本一もしばらく続きそうだし、若手選手の育成手腕などを見ても原監督が名将と呼ばれるようになる日もそう遠くはないかもしれない▼今年はまた大リーグでも日本人選手の活躍が話題となった。ヤンキースの松井はMVPとなってワールドシリーズ制覇に貢献、「野球が好きでどんなときでも野球がしたかった。苦しいことは何もなかった」と語っていたのが印象的だった。マリナーズのイチローも9年連続200本安打という大リーグ記録を達成したが、「小さなことを積み重ねることがとんでもない大きなことを実現する道だ」と語り、イチロー語録に新しいフレーズを付け加えた。

バックナンバーへ

お勧めの書籍