天地人 (ライブラリ)

鳩山内閣メールマガジン

 メールマガジンとは、自分のメールアドレスを登録しておくと、発行者から電子メールによってマガジンが届く仕組みのこと。ブログなどのように自分で閲覧しにいくのと違って、発行ごとに確実に届けられる▼自分もいくつか登録してあって定期購読している。その一つが内閣広報室が発行しているメールマガジン。小泉内閣から始まったもので、その後も安倍、福田、麻生と歴代内閣によって引き継がれ、民主党に政権が交代となってもそのまま鳩山内閣へとこのメールマガジンの発行は続いている▼発行スタイルは各内閣とも大差なく、首相が自ら所感を述べたり、閣僚が交代で登場したりしている。比較的率直に自分の言葉でやさしく述べられている場合が多く、親しみやすい。官邸の模様を紹介するコラムがあったりして、日頃報道されることの少ない内部が公開されたり興味深い記事も出てくる▼毎週木曜日の配信だが、先週の木曜日29日付では「本日配信予定としておりました鳩山内閣メールマガジン第4号でございますが、国会での代表質問への対応のため、鳩山総理の原稿の準備が遅れております。大変申し訳ありません」とあって発行が遅れていた。しかしこれはいかがなものか。理由はともかく、定期刊行物を休んではいけない。国民に甘えてはいないか。

バックナンバーへ

お勧めの書籍