天地人 (ライブラリ)

韓国人女子プロの強さ

 韓国人女子プロゴルァーはアメリカで日本でなぜかくも強いのだろうか。率直にそういう関心がある▼頂点は朴セリ。LPGA(全米女子プロゴルフ)でメジャー5勝を含む通算30勝。宮里藍や上田桃子がアメリカで1勝もできないことを考えるとこれは驚異的だ。ほかにもグレース朴などと韓国人プロの活躍が目立つ▼調べた見たら、LPGAに参戦している外国人プロは総勢121名。うち45名が韓国人ということで、圧倒的ボリュームだ。ほんの数名がアメリカを主戦場としている日本人とは決定的に違う。つまり層の厚さが韓国人プロの強さを際だたせているとも指摘できる▼日本でも韓国人プロは大きな存在感を示している。日本を主戦場としている韓国人は約15名。50人のシード選手のうち韓国人は10人にぼる。昨年の賞金ランキングでもベスト20のうち実に6人を占めた。つまりシード選手の大半が上位にあるということで、相対的にレベルが高い▼韓国の女子プロゴルフ界はトーナメント数が少ないのだそうで、勢いアメリカや日本に出て行くということになるようだ。海外で生き抜くという強い精神力があるのだろう。それと、韓国でプレーをした経験があるのだが、韓国のコースは距離が長かった。つまりタフなコースで鍛えられた、そういう強さもあるのかもしれない。

バックナンバーへ

お勧めの書籍