天地人 (ライブラリ)

お粗末なこと

 このたびの北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射事件でお粗末なこと2つ▼1つは日本政府が発射情報を2度も誤って発表したこと。事態を想定し厳戒態勢で臨んでいてこのていたらくで、わが国の防衛能力が疑われる始末だ。しかもミサイルが最終的にどうなったのか。把握できていないのか、それとも軍事上の機密で公表を控えているものなのか。2段目が落下した位置ですら誤発表していたくらいだから、つかんでいないのかもしれないし、本来なら現場に急行しブースターなり落下物の採取をいち早く実施してもらいたいものだ▼もう一つのお粗末は、発射前後の日本政府の対応だ。アメリカの顔色を見ているだけで日本としての主体性がない。日米協調はいいが、もっと独自性が欲しいし、自国領土の上空をミサイルが飛んでいるというのに暢気なことだ。国連安保理での行動、衆参両院による非難決議も結構だが、それはあくまでも手順のうち。もう少し毅然としないと北朝鮮に侮られる▼もう一つお粗末ぶりを追加すると、これは北朝鮮のこと。失敗して日本国土に落下するかもしないということ自体が北朝鮮にとっては屈辱ものだが、実際、アメリカ国防当局の発表によると、北朝鮮はロケット3段目の発射に失敗したらしい。これでは人工衛星どころではない。

バックナンバーへ

お勧めの書籍