秋葉原日記 (ライブラリ)

葉室麟『蜩ノ記』

 時代小説である。
 端正にして凛としたたたずまいがある。
 舞台は豊後・羽根藩。主人公は元郡奉行戸田秋谷。
 秋谷は藩主の側室と江戸屋敷で密通、そのことに気づいた小姓を切り捨てたとされる罪で切腹を申しつけられた。ただし、ちょうどその折、秋谷は家譜の編纂にあたっていたところから、その編纂作業が中断することを惜しんだ藩主は、切腹は10年後とすることとされ、秋谷はかつての領地だった向山村に幽閉の身となっていた。
 編纂作業が進み切腹の刻限まで3年となったところで、檀野庄三郎が家老中根兵右衛門に命じられて秋谷の手伝いのため向山を訪れる。これは兵右衛門としては手伝いとはいいながら秋谷の監視がねらいである。
 秋谷宅に住まいながら家譜の清書を手伝う庄三郎。秋谷には病身の妻織江、長女?、元服前の長男郁三郎の家族がある。
 秋谷の身近にあって秋谷の人となりを知るようになって庄三郎は次第に秋谷の武士としての挙措に傾倒していき、秋谷が行ったという側室との密通に疑問を抱くようになる。そして次第に明らかとなっていく密通の顛末とその背景。
 世の中はばかることの多いのはいつの世も同じ。そうした中で信念を貫き通すことの難しさも同様。
 命を区切られながら清廉に生きていく秋谷の生き様。そしてその家族。とくに郁三郎の武士の子としての矜持が面白い。
 久々に心温まる時代小説を読んだというのが率直な感想。
 藤沢周平を連想させるが、藤沢文学に比べわびしさに欠ける分、より恬淡としていたかも知れない。
(祥伝社刊)

higurashinoki.jpg

バックナンバーへ

お勧めの書籍