秋葉原日記 (ライブラリ)

AKB48 カフェ&ショップ

 秋葉原駅電気街口すぐのガード下に先週末オープンしたばかりのAKB48の公式カフェ&ショップ。
 AKB48(エーケービーフォーティーエイト)とは、秋葉原を本拠に活躍している人気のアイドルグループ。
 電気街の一角に専用のAKB48劇場を有しており、毎日公演を行っている。大変な人気ぶりで、チケットは予約制で、それも必ず抽選となるらしい。
 グループのメンバーは若い女性のみで構成されており、A組、K組などとチームごとの公演となっている。
 2005年の結成だが、当社のアキバオタク情報通によると、当初は観客もまばらで、メンバーがチラシを配ったり客引きもやっていたらしい。
 秋葉原のオタク向けアイドルという評判だったらしいが、その後、徐々に人気が上昇し07年には紅白歌合戦にも出場を果たしている。
 さて、そのカフェ&ショップ。電気街口すぐという絶好のロケーションもあって上々の滑り出しで、この日も平日の昼前にもかかわらずカフェにもショップにも行列ができていた。
 顔ぶれは母親に連れられた小さな子どもから男の大人まで幅広い。カフェの列に並んでいたきちんとスーツを着込んだ若いサラリーマン風の男性は、20歳だといい、鹿児島からの出張のついでに立ち寄ったのだという。
 また、髪に白いものが目立つ60年配の男性は、背中にアイドル名を施したジャケットを着込んでいる熱中ぶりで、手にはショップで買い込んだらしい袋をぶら下げていた。
 このカフェのメニューには、「柏木由紀パスタ」などとアイドル名が冠につけられている。なお、このパスタは1480円だから必ずしも安くはない。

AKB48cafe.jpg
(秋葉原風景80=AKB48カフェ&ショップ)

バックナンバーへ

お勧めの書籍