秋葉原日記 (ライブラリ)

オオヤマレンゲ

 いつもの散歩の途中で珍しい花を見つけた。
 調べてみたらオオヤマレンゲといわれるのだそうで、白い花はふっくらとして可憐だし高貴な印象も受ける。
 モクレンにも似ているなと思ったらやはりモクレン科に属するのだそうで、レンゲにも似ているところからこの名がついいたらしい。また、別名ミヤマレンゲとも呼ばれるらしい。
 樹高は3メートルほどだろうか。いつも通る散歩道沿いなのに奥まっていてこれまで気がつかなかった。街で見かける樹木ではないからどなたかが植えたものであろう。
 花は直径10センチほど。すっかり開花する直前は大きめの繭玉のようだし、何しろ清楚だ。
 こういう花を朝の散歩の途中で見つけるととてもうれしくなるし、その日一日が良いことでもあるように思える。

ooyamarenge.jpg

バックナンバーへ

お勧めの書籍