秋葉原日記 (ライブラリ)

シャクナゲ

 この頃はシャクナゲの咲いているのを見かけることが多い。
 シャクナゲはつぼみから咲くまでの変化がおもしろい。
 初め、10個くらいのつぼみが一つの茎にひとかたまりになって芽吹き、それが次第にふくらんでいき、やがて大人の握り拳大の花を咲かせる。
 なかなか豪華で大変見栄えがする。ひとかたまりとなった花はむっちりとしていて、あでやかでもある。白や赤が多いが、種類は多そうだ。
 ツツジ科に属するというが、葉がツツジよりも大きくごわごわしているし、花もツツジよりも大きいしひとかたまりになって咲く。
 花の季節はツツジよりもやや遅く、5月下旬から6月上旬が見頃だろう。
 なお、石楠花あるいは石南花と当てるが、どちらかといえば東北から北海道など寒い地方に多い花だろう。

shakunage.jpg

バックナンバーへ

お勧めの書籍