秋葉原日記 (ライブラリ)

なんじゃもんじゃ

 桜などのように花が散って葉が生い茂るような樹木も多くて、この頃は緑が目に鮮やかになってきた。
 近所の公園ではハマナスの花が咲いている。直径8センチくらいのピンク色の花で、花の造作はシンプルである。茂みは腰の高さくらいで、枝にはとげがあるし、強い芳香もある。調べてみたらなるほどバラ科だという。
 その隣にも強い香りを放っている花があって、こちらはヒメウツギ。生垣のようになっていて、白い花を一面につけている。
 この同じ公園で珍しい木を見つけた。5メートル余りもある高木で、豊かな樹影にたくさんの白い花を咲かせている。
 細長い花弁が5枚矢車のようについている。直径数センチほどで、何というか、これほどの高木にこういう花も珍しいのではないか思われた。
 調べてみたら、ヒトツバタゴという樹木なのだそうで、日本では岐阜県などごく一部でしか見られないものなそうで、しかも、長い間名前がわからなくて、それで「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれてきたものらしい。

nanjamonja.jpg

 

バックナンバーへ

お勧めの書籍