秋葉原日記 (ライブラリ)

井上ひさし『日本語教室』

 母校上智大学で行った講義を採録したもの。なお、講義は2001年10月から毎月1回4回にわたって行われた。
 井上ひさしは遅筆で有名だった。自ら遅筆堂と名乗っていたくらいだった。しかし、本書を読むと井上がいかに言葉を大事に使っていたかがわかる。おそらく、まるで鉛の活字を文選でもするように一語一語を呻吟したのであろうと思われた。
 ここには井上が日本語とそれを使う日本人と日本について真摯に向き合ってきた神髄が込められている。「伝説の連続講義」と呼ばれるにふさわしい内容であろう。
 著者は次のように説いている。幾つか拾い出して要約してみよう。
 ・母語は精神そのものです=母国語と母語はまったく質が違います。生まれてから3年くらいの間にお母さんたちから聞いた言葉、それが母語です。
 言葉は道具ではないのです。第2言語、第3言語は道具ですが、母語=第1言語は道具ではありません。
 ・外来語は物事を単純化してしまう=外国の、たとえば英語を使う人たちにリフォームと言ってもわからないでしょう。これは、日本独特の使い方ですから。つまり、日本語では、再生とか、改良とか、仕立て直しとか、改築、増築、改装と、たくさん言葉があって、それぞれ微妙に違います。その違いを全部無視してリフォームにしてしまう。一軒便利なようですが、今まで使い分けてきた日本人の脳の働き、正確さというのを、リフォームの一言で、非常に単純にしてしまうのです。こういうことが積み重なっていくと、悲劇的なことが起こるのではないでしょうか。
 ・「カタカナ倒れ」でも「漢字倒れ」でもなく=今、日本語は「カタカナ倒れ」になりかかっています。
 つまり、日本語で考えないで、外来語で考えているうちに、再生、改良、仕立て直し、改築、増築、改装というような違いが消えてしまうわけです。……ものをしっかり考えるためには、われわれが自覚しないうちに、脳の発達と同時に、脳の一部として繰り込んできた母語を土台に考えるしかないのです。
 ・外来語は現地音で話す=ぼくは外来語をできるだけ使わないようにしてきましたが、少し考えが変わってきました。誰もが意味を知っていて、それを使ったほうが便利だという言葉については排除せずにきちんと使う。しかし、わかっているつもりでも本当のところはわかっていない言葉を使って考えるのは非常に危険なことだから、乱発はしない‐‐今はそういう態度で外来語に向き合おうと思っています。
(新潮新書)

nihongokyoushitu.jpg

 

バックナンバーへ

お勧めの書籍