秋葉原日記 (ライブラリ)

池井戸潤『下町ロケット』

 面白い。
 まず小説として面白い。ドラマ性が高く全編を通じて緊迫感もあって読み出したら止まらずぐいぐいと惹きつけられた。
 それに、ものづくりの根幹に迫っているし、日本の中小企業の底力が伺えて元気がもらえるし、大企業に先んじる研究開発は痛快だ。まるでドキュメンタリーを読んでいるような臨場感もあった。
 ただ、題名はいささか陳腐であったかもしれない。これではまるで東大阪の中小企業たちが結集して打ち上げた人工衛星「まいど1号」成功の人情話のような印象を与えている。もっとも、本書も結末は予定調和的で小説としての締めくくりとしては余韻が弱かったが。
 主人公は佃航平。舞台は大田区の中小企業佃製作所。
 佃はもともと宇宙科学開発機構の研究者だったが、自身が手がけた大型水素エンジン搭載のロケット打ち上げで失敗、責任をとった形で退職、父親が営んでいた会社を父親の死に伴って継いでいる。
 佃製作所の業種は精密機械製造業。父親の時代は電子部品を得意としていたが、佃が家業を継いでからはエンジンや周辺デバイスを手がけるようになっていて、売上も3倍の100億円にまで成長している。佃製作所の強みはエンジンに関する技術とノウハウで、それは大企業をも凌ぐという評判さえある。
 佃が社長となって7年。順調そうに見えていた企業経営にも次々と難題が押し寄せる。
 それまでの大口顧客の一つだった京浜マシナリーが取引の中止を一方的に通告してきた。収めていたエンジン部品を内製化する方針に転換したというのだ。
 追い打ちをかけるように今度は競争相手のナカシマ工業が特許侵害で90億円もの巨額の損害賠償請求の訴訟を起こしてきた。
 実は、佃製作所は、社長佃の水素エンジン開発の夢に向けて多額の研究費を投入しており、このこともあって借入金は20億円にも膨らんでいて、内情は資金繰りが火の車となっていたのだった。
 この実情を見透かしたようにナカシマのとってきた戦略は、訴訟を長引かせ、佃の首を真綿で絞めるように進めるいわば兵糧攻め。その上でギブアップ寸前に佃を安く買収しようという算段。
 このナカシマ訴訟と相前後して、帝国重工から佃製作所に対しロケット用大型水素エンジンのバルブシステムに関する特許について申し入れがあった。
 帝国重工では、国際的なロケットビジネスを勝ち抜くべく大型水素エンジンの開発を進めていて、そのキーデバイスがバルブシステムだった。
 ところが、帝国が巨額の信金を投じて開発を進めてきたバルブシステムが佃製作所という名も知らないような中小企業の特許に侵害することが判明。
 回り道して新たな開発を行っていたのではロケット打ち上げに間に合わないと判った宇宙開発グループ部長財前は、佃に特許の譲渡を申し入れた。
 ところが佃はこの申し入れを拒否、あまつさえ、それではと提案した特許使用の許諾についても断ってきたのだった。佃としては部品を供給するという形で協力すると。
 特許売却なら20億円、特許使用料でも毎年5億円の資金が手に入る。それなのになぜリスクの高い部品供給なのか。そうでなくとも資金繰りに四苦八苦している佃においてである。
 つまり、佃が選択したのは、特許を売ってしまえば後には何も残らない。特許使用許可も同様。佃製作所があくまでもものづくりの企業として存続していくためには自分たちで製造していくことが肝要だとの結論に達したのだった。
 登場人物で異彩を放つのは経理部長の殿村。メインバンクから佃製作所に出向してきている経理屋だが、資金繰りで最も苦労しているこの殿村が佃製作所の立ち位置を示し、ものづくりにかける社長佃を支えていく。
 安易に資金を手に入れていくかどうかで割れていた社内も、次第に「佃品質。佃プライド。」のスローガンのもと結束して立ちあがっていく。
(小学館刊)

shitamachiroket.jpg

 

バックナンバーへ

お勧めの書籍